宮城・仙台市の屋根塗装工事の流れ、塗替の種類とポイント

①屋根塗装工事前

宮城・仙台の屋根塗装前

もともと黒色のカラーベストコロニアル屋根が

色あせによりグレー色になり、黄色や茶色の

苔・カビ汚れもひどくなっています。

 

②高圧ジェット洗浄工事

宮城・仙台の屋根高圧洗浄

どんな素晴らしい塗料も

汚れの上に塗装しては意味がありません。

業務用の高圧ジェット洗浄機で汚れを洗い流します。

苔・カビ汚れや古い塗膜もスッキリキレイになります。

宮城・仙台屋根洗浄後

高圧洗浄後です。

写真でもわかりますが、洗浄前は黒色だった

カラーベストコロニアル屋根が

高圧洗浄により、汚れと浮いてしまった古い塗膜がはがれて

白くなっています。

 

 

③下地処理

宮城・仙台の屋根鉄板釘浮き補修

隅棟鉄板を固定している釘が浮いています。

このままにしておくと強風で棟鉄板が飛ばされてしまう

恐れがありますので、釘の打ち込みと

釘が浮いてこないように釘頭にコーキングをします。

仙台・宮城の屋根鉄板釘浮補修後

釘の打ち込みと釘頭コーキング完了です。

 

④下塗り(シーラー塗装)

下塗りには二つの役割があります。

 

①塗料の吸い込みを止める

古い塗膜がはがれて白く見えている部分は

カラーベストコロニアル屋根の素地です。

特に素地が見えている状態ではスポンジのように

塗料を吸い込んでしまい、色ムラや艶ムラの原因になります。

シーラーは屋根材の表面に膜を作ることで吸い込みを止めます。

 

②塗料の接着剤

新しい塗料だけではすぐにはがれてきてしまいます。

屋根材と新しい塗料との密着を良くする大事な接着剤です。

宮城・仙台の屋根下塗り

下塗りの大事なポイントは、写真でもわかるように

塗装したところが濡れたような色合いになります

屋根の傷みがひどい場合はこのように濡れた色合いになりません。

その場合、下塗りをもう一度行うことになり

費用がかさんでしまいます。

 

新築より10年目以降に屋根の劣化の進行具合が大きく変わります。

10年以内であればシーラー1回ぬりで十分な濡れ色に仕上ります。

10年目以降は屋根の劣化具合により

シーラー2回塗りをご提案します。

 

つまり屋根が傷む前に塗装をしたほうが

結果的に工事費用が安くなります。

宮城・仙台の劣化した屋根

高圧洗浄をしていないのにここまで

白くなっているカラーベスト屋根は

下塗りが2回必要です。

 

⑤中塗り(上塗り1回目)

 

宮城・仙台の屋根中塗り

濡れ色でシーラー塗装がしっかり効いていますので

中塗りでもキレイに色・ツヤが出ています。

シーラー塗装がしっかり効いていないと、

このときにムラになります。

 

⑥上塗り(上塗り2回目)

宮城・仙台の屋根上塗り

上塗りを2回行うことで塗膜の厚みをしっかり確保します。

写真手前と上部が上塗りが終わったところです。

同じ色でも中塗りと上塗りではこれだけ

色もツヤも変わります。

 

⑦縁切り作業

宮城・仙台の屋根縁切作業

カラーベストコロニアル屋根特有の

毛細血管現象による雨漏れ

を防ぐ大事な作業です。

カラーベスト同士の

重なり目に塗料が詰まってくっついている場合に

カッターや皮スキなどを使って隙間を作ります。

 

⑧屋根塗装完了

宮城・仙台の屋根塗装後

色もツヤも素敵な仕上りです。

 

button07_toiawase_04

主な屋根塗装工事エリア

宮城県内・仙台市青葉区・仙台市泉区・仙台市太白区・仙台市宮城野区

仙台市若林区・多賀城市・塩竈市・大崎市・名取市・岩沼市・白石市

石巻市・東松島市・栗原市・登米市・富谷町・利府町・七ケ浜町・大和町

大郷町・亘理町・柴田町・大河原町・色麻町・加美町・蔵王町・大衡村