宮城県多賀城市T様外壁目地シーリング工事

宮城県多賀城市T様

外壁目地シーリング工事

 

お客様からの要望

外壁目地が切れているので

シーリング工事の依頼です。

 

工事前の写真です。

外壁目地コーキングが切れてしまい、下地のハットジョイナーが見えています。

また、目地が切れていることで外壁が雨水を吸い込んだために

外壁が反っています。

このような状況を放置してしまうと、雨漏れや凍害の原因となり

家が傷んでしまいます。

 

対応内容

 外壁の浮きや反りは、シーリングでは直りませんので

ビスや釘を使って下地の胴縁に固定します。

主に外壁縦目地の古いコーキングは切り取りを行い、再度打込み

窓廻りのコーキングは増し打ちを行います。

 

施工後

外壁目地シーリング工事後に外壁塗装を行いましたので

外壁の浮きや反りの補修跡も目立たなくなりました。

目地コーキングの打ち替えだけの場合は

また約10年後には目地コーキングの打ち替えリフォームが

必要になります。

シーリングにも塗装を行うことで

シーリング自体も長持ちしますので

外壁塗装とセットで行うことが理想です。

 

リフォーム工事内容

仮設足場:養生ネット共

外壁縦目地:古いシーリングを撤去・打直し

サッシ廻り:増し打ち