宮城県仙台市太白区H様 屋根棟鉄板交換工事

宮城県仙台市太白区H様

屋根棟鉄板交換工事

 

お客様からの要望

強風により、屋根の棟鉄板が外れて

庭に落ちてきたとのことでした。

 

DSC06626 DSC06627

 

対応内容

①下地処理 (釘撤去・木下地再固定)

棟鉄板が外れた原因は、固定していた釘が抜けたり

腐食により折れてしまっていたことでした。

それと同時に棟鉄板も腐食がひどく

また、落下した衝撃により変形していましたので

棟鉄板は交換することになりました。

折れた釘を撤去し、木下地に浮きが見られますので

ビスで再度固定します。

木下地に腐食が見られませんので

再利用しました。

 

 

 

 

 

 

 

②棟鉄板取付(ガルバリウム鋼板製)

新しい棟鉄板を作成し、取り付けします。

サビに強いガルバリウム鋼板で作成しました。

棟からの雨水の浸入を防ぐため

捨てシーリングを行います。

以前は、棟鉄板を釘で固定していたために

釘の劣化や木下地のやせにより

釘が抜けてしまいましたので

今回はビスで固定しました。

これで固定がゆるむことがありませんので安心です。

DSC06634DSC06633

 

 幸いにも落ちた場所が自宅のお庭でしたので

被害はありませんでしたが

万が一隣地にまで飛んで建物や車に当たったり

通行人に当たってしまっていたら

大惨事になるところでした。

 

 

 

 

 リフォーム工事内容

棟包交換・・・ガルバリウム鋼板製棟包